草刈りに必要な道具と服装

夏場から秋にかけて、自宅の庭の雑草に悩まれている方も多いでしょう。特に大きな庭のある家庭の場合には、本格的に道具類など用意しなければ歯がたたないほど大量の雑草に阻まれます。     

こうした草刈りでは軍手とゴミ袋といった単純な道具では決して効率のよい作業が出来ないので、より効率的にかつ安全に行うには事前に道具や服装をホームセンター等で用意しておく必要があります。     

まず草刈りで重要なのは軍手ですが、より安全に行うにはこの軍手にもぜひこだわって下さい。軍手は用途によって様々な生地や加工が存在しますが、この場合に使用するにはやや厚手で出来れば草刈り専用の軍手をおすすめします。草刈りでは雑草だけでなく刺のついた木々や根っこなど多くの危険を伴う障害物を除去しなければなりません。こうした障害物で手を怪我してしまうことを避けるためにも、ぜひ厚手の軍手が必要なのですが、昆虫や虫が苦手な方には直接触れないためにも大きな安心材料となるので、出来るだけ分厚く丈夫な軍手をお勧めします。     

また絡み付くように生い茂った雑草は手で抜くだけでは限界があるので、カマはマストのアイテムになります。草刈り用のカマを選ぶと、絡みついた雑草も綺麗に刈り取れるので、ホームセンターの店員に相談しながら初心者の方でも扱い易いものを選ぶと怪我や失敗が無く行えるでしょう。     

また腰の悪い方にとっては、カマを片手に中腰になり草を刈るというのは非常に酷な作業でしょう。最近では箒ほどの長い棒の先に草刈りに用いる三角ホーが付いている商品も販売されているので、腰痛持ちの方などはこうしたしゃがまずに作業の出来るアイテムを選ぶと、より快適に草刈りを行う事が出来ます。     

基本的にはこのようなアイテムがあれば作業を開始出来るのですが、最近の酷暑の中では服装にもこだわらなければ命に関わる危機が及びます。実際に家庭での事故としてもこうした屋外での作業途中の熱中症がたびたび報告されているので、事前に対策をせずに行うと取り返しの付かない事態になってしまいます。     

こまめな水分補給や休憩などはもちろんですが、熱中症対策のためには帽子が非常に重要なアイテムになります。直接強烈な日差しが頭頂部に集まるということは、想像以上に身体にとってダメージの大きな事で、ジリジリと頭上から体温を引き上げます。さらに顔や首元などに直視日光が当たり続けると当然耐え難い苦痛となるため、麦わら帽子など日陰となる面積の広い帽子を付けることが必須です。     

また熱い中の作業であっても長袖や長ズボンは必須となるケースが多いです。雑草には鋭い切れ味の葉先も多く、また害虫などに刺される場合もあるので、全身をガードする長袖・長ズボンは快適に作業を行うには必ず用意したいアイテムになります。     

さらに環境にもよりますが、ぬかるみやデコボコとした地形などの作業場では、長靴も事前に用意しておいた方がスムーズな作業が行えます。     

このように夏場での作業で必要な道具や服装を見てきましたが、その他の季節でも同様にこうした服装によるガードが必要です。夏場の酷暑だけでなく、秋口や春にも屋外での長時間作業には熱中症やその他の事故の危険性が常につきまといます。冬場であっても屋外での長時間の作業は体力消耗や脱水症などの事例が少なからず報告されているので、こうした麦わら帽子などの日光対策は必須となります。     

このように自分で行う草刈りではこうした道具類による自衛が必須となりますが、そもそも規模や雑草の量によっては、自力で行うのは無謀なケースもあります。何日にも分けて自宅の草刈りを自分で行うよりも、エンジン式の刈払い機を導入している業者に一任した方が、より綺麗により安全に行える事もありますので、場合によってはそうした業者への依頼を検討された方がよいかも知れません。     

草刈り

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る