雑草対策に効果的な方法とは

草刈りのシーズンになると多くの方が庭の雑草の処理に頭を悩ませます。草刈りの際には手で引き抜くにも強力に絡まった雑草は硬く根を張ってびくともしない事も多く、草刈り用のカマを使っても絡みついた雑草に邪魔され一向に作業が進まない事もあります。

こうした面倒な草刈りを行うには、地道に炎天下の中ひたすら作業するというのではなく、効率的に除草作業を行っていく必要があります。

庭の雑草対策で簡単なものと言えばまず思いつくのは除草剤の使用ではないでしょうか。強力な薬剤を含む除草剤は、ある程度の時間は必要ですが雑草や草木が生息不可能な環境にしてくれるので、長期的に見ても非常に楽で効率的な方法になります。しかし、その強力な成分であるがゆえに犬や猫などのペットを飼われている家庭ではまず使用は不可能で、近所への影響も少なからずあるので、隣家と密接している場合には使用はおすすめしません。このように非常に便利な雑草対策として有効な除草剤なのですが、影響が大きいため全ての家庭で使用できるものではありません。

しかし、除草剤のように強力でなくとも雑草対策を手軽に行える方法があります。それは塩水を使うという方法です。ご存知の通り塩水には土壌を塩化させ雑草を枯れさせるほどのパワーがありますが、除草剤のように強力な薬剤ではないので、近所やペットの安全を気にすることなく安全に使用することが可能です。塩水によって枯れた雑草ならば、簡単な草刈り作業で綺麗にすることが出来るので、ぜひおすすめしたい雑草対策なのですがこの方法にも一つ注意してもらいたい事があります。それは塩水は長い間土壌に影響を与えるので、その後ガーデニングなどを行う場合にはお勧め出来る方法ではありません。

このように塩水をまいた後、草刈りを行うというのは有効な雑草対策ではあるのですが、再び次のシーズンになると土壌も正常化しまた草刈りの必要があります。また同じように塩水をまいて同様の作業を行ってもよいのですが、シーズン事のこうした作業が面倒な方には除草シートを導入するというのもお勧めの方法です。除草シートとは雑草を覆うように庭にシートを敷き詰める事で、新たな雑草が生えないように対策を行う事が出来るものですが、グレードの高いものでは半永久的に効果が持続するので、庭作業が苦手な方にはぜひお勧めしたい方法です。しかし、これも注意して頂きたいのですが、ホームセンターなどで売られている安価な除草シートでは、貫通力の強い雑草はシートを突き破って飛び出して来ます。そのためより丈夫で雑草の貫通を防ぐシートを選ぶ必要があるのですが、一般家庭用ではホームセンターで購入できるタイプの中で上位グレードの商品で十分です。業務用ではさらに高価で本格的なものがあるのですが、それほど強い雑草の生える環境ではない家庭の庭では、1万円以下で購入できる除草シートで十分なのでぜひ導入を検討してみて下さい。

こうした除草シートは雑草対策というだけでなく、庭先に出現する害虫の対策としても有効です。庭先にはムカデやヤスデなどの害虫が多く存在しますが、地面にこうした除草シートを設置することで表面には決して出てこれなくなるので、庭作業の際にも目に触れずに安心して作業することが可能です。より気にされる方には除草シートと地面の間に殺虫成分のある薬剤をまくなどするとほぼ完璧に害虫対策も合わせて行えるので、よりお勧め出来る方法になります。

この他にも庭の雑草対策としては砂利をまいたり、水で固まる土で地面をコーティングするなどという方法がありますが、庭の景観や予算を考慮してご自身にぴったりの方法を選んで下さい。その際には除草剤には除草剤のリスク、塩水には塩水のリスクなど効果と同時に想定されるデメリットもお考えの上作業を行って下さい。

上手く行けば毎シーズンの草刈りの手間を格段に省くことが出来るので、草刈りを面倒に思っていた方はぜひ導入を検討してください。

草刈り

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る