やり方いろいろ!雑草対策の種類について

雑草対策にはいろいろな方法があります。労力の少ない方法や効果の持続する方法、コストの安い方法などいろいろなやり方が考えられますから、目的に応じて正しい方法を選択することが大切です。


今回は、雑草対策の種類について紹介します。


草むしりで雑草を抜く


雑草対策といって最初に思い浮かぶのが「草むしり」です。人の手で一つ一つ雑草を抜いていく草むしりは最もポピュラーな雑草対策であり、誰でも簡単にできる方法です。

草むしりは手軽で特に道具もいらず、人の手だけでできる雑草対策です。狭い場所の雑草対策に特に有効な方法であり、小さな庭などなら草むしりだけで十分雑草を処理することが可能です。

欠点は人の手で作業するため効率があまり良くない事と、作業時の負担が大きいことです。ちょっと広い場所の雑草処理をするだけでくたくたになってしまいますから、広い場所の雑草を処理するには人海戦術を用いる必要があります。


草刈りで雑草を刈り取る


草むしりと並んでポピュラーな雑草処理方法が「草刈り」です。草刈りには鎌や鉈を使って人の力で草を刈るやり方と、草刈り機を使って行う方法の二種類があります。

草刈りは草むしりに比べると負担が軽く、特に長くのびた雑草の処理に向いている方法です。高性能の草刈り機を使えば広い面積の雑草も一気に処理することができますし、里山の手入れなども楽々こなせます。

のびた草を一気にかれるので仕上がりが美しくなりますが、根から処理していなければ再び雑草が伸びてしまうというデメリットがあります。土から掘り起こして根ごと処理するやり方もありますが、根から処理しないのであればこまめに草を刈る必要があります。

道具が必要なのである程度初期投資は必要になりますが、最初に道具をそろえてしまえば必要に応じて雑草を処理することができますから気付いた時にこまめに草を刈っていけば最低限の労力できれいな状態をキープすることができます。


手間がかからない除草剤


広い面積に生えてしまった雑草を草むしりや草刈りで処理するのは大変です。そんな時に便利な雑草処理方法が「除草剤」です。

除草剤とは雑草を枯らし生育を阻害する薬剤です。雑草の生えてしまった土地に除草剤を散布すれば、厄介な雑草を一気に処理することができます。除草剤にはいろいろな種類があり、雑草の種類に合わせて選択することでより効果を高めることができます。散布の手間は草むしりや草刈りに比べて格段に労力が低いですから、手間と負担をかけずに雑草処理したいなら除草剤が一番効率よく雑草処理ができます。

欠点は除草剤自体の安全性の問題と、効果が表れるまでの時間です。市販されている除草剤は基準をクリアした安全なものばかりですが、直接肌に触れたり吸い込んだりすると健康被害が出る可能性があるため作業時はきっちりとガード出来る服装が求められます。すぐに雑草を処理できる草むしりや草刈りと違い、除草剤の場合は効果が表れるまで1週間程度、完全に処理が終わるまで1ヵ月程度の時間がかかってしまいます。

また、除草剤の影響によって雑草以外の植物が枯れてしまったり、一度散布した場所には数ヵ月は他の植物を植えられない残留の問題もあります。労力の少なさが魅力の除草剤ですが、デメリットも理解したうえで使わなければいけません。

熱湯で雑草対策

除草剤の安全性が気になる方は「熱湯」による雑草対策という方法もあります。熱湯をまいて雑草にダメージを与えることで処理する方法ですが、薬剤を使用しないので健康被害の心配はいりません。

ただし、熱湯で効果があるのは地上に伸びている雑草のみです。根っこまで処理することはできませんし、土の中の微生物まで殺してしまい土壌を弱らせてしまう危険性もあります。太陽の熱湯を用意するのも簡単ではありませんから、ごく狭い範囲の雑草を処理する時などにのみ向いている方法です


どの方法にもメリットとデメリットがあります。場所や条件に合わせて適切な方法を選び、効率よく雑草処理してください。

草刈り

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る