防草シートの正しい使用方法

夏場になると庭や畑には大量の雑草が背が高く生い茂ってしまいます。こうした雑草は一度草刈りを行っても、また再び生えてくるスピードも早いので、シーズン毎に憂鬱になっている方も多いでしょう。特に広い庭や広大な畑を管理している方にとっては、物理的に一人では管理できないほど雑草が生い茂り、草刈りの手も追いつかないということもあるかと思います。

そうした草刈りにお困りの方にぜひおすすめしたいのが除草シートの利用です。除草シートでは畑や庭の一部又は全てを分厚いシートで覆うことによって半永久的に草刈りの手間を無くしてしまう画期的な製品になっています。

業者に依頼しなくても簡単なDIYで設置が可能なので、主婦の方や高齢の方でも草刈りよりはるかに簡単な作業で設置が完了します。そのため草刈りで悩む全ての方にお勧めしたいのですが、除草シートの設置にはいくつか注意して頂きたい事があります。

まず大事なのは除草シートを敷く前に必ず草刈りを行うということです。勘違いされる方も多いのですが、大量に生い茂った雑草を覆い隠すように除草シートを使用しても効果は薄く、貫通力の強い雑草では数日で除草シートを突き破ることもあります。また除草シートの隙間から行き場を失った雑草が飛び出してくることもあるので、事前に整地して整えておくことが重要になります。しかし、除草シートで覆った後では新たな雑草は生えてこないのかと心配される方も多いでしょう。雑草は基本的にはその他の植物と同じく種というものが存在します。そのためシートで覆ってしまえば種が飛来することもありませんし、日光も遮断されているので万が一紛れ込んだ種も成長は著しく遮られます。こうした理由から事前に草刈りを行っておくことが重要になります。その際には根っこから引き抜き、新たな雑草が生えてこない環境づくりをしておく必要があります。

次に注意して頂きたい点は除草シートのメーカー選びです。除草シートは国内外に大手から中小までかなり幅広い種類があります。ホームセンターなどでは主要メーカーしか並んでいませんが、ネットの通販サイトや業務用品店などでは海外の非常に強力な除草シートが販売されています。国内のホームセンターで販売されている安価な除草シートと海外製の除草シートの一番の違いはその頑丈さにあります。海外では日本では考えられないほど強力な貫通力を持った雑草が生息しているので、自ずとアメリカや南米などで使用される除草シートは強力なガード力を発揮する商品になります。

基本的には日本の製品で問題ないのですが、農家の方などより広い面積によりパワーの強い頑丈な除草シートを置きたいという方は海外製を選んでもよいでしょう。また除草シートの上を車が走るなど、人間や動物の歩行以上の負荷がかかる場合には専用の除草シートを買うことをお勧めします。除草シートは基本的には人間や動物の歩行衝撃程度では破れたりはしないのですが、車が頻繁に出入りする場所などでは駐車場専用のものなど相応の頑丈な除草シートを購入する必要があります。

また除草シートは簡単なDIYで行えますが、ピンで地面と固定するなどある程度はこうした作業に慣れた方が行うことをお勧めします。除草シートは四隅がしっかりと固定されていなければ強風時に簡単に剥がれてしまいますし、雑草もそうした空間から出てきたりもします。そのため作業人数が少ない方や、慣れておらず不安な方はホームセンターなどを経由して除草シートの施工を請け負う業者に依頼するのも一つの手です。プロの業者ならば整地済みの場所では一時間とかからず設置が可能なので、手間を極力避ける事が可能です。また草刈りの手間も省くならば、除草シートと同時に整地も行ってくれる業者を選べば、全ての工程を半日程度で終わらせる事が可能です。

草刈り

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る