ガーデニングで気をつけること

ガーデニングは誰にでも気軽に楽しむ事ができ、家庭内レジャーといっても過言ではない程の喜びと発見と充実感、また癒しを与えてくれる素晴らしい趣味といえます。ガーデニングは基礎的なセオリーはあっても決まりや縛りがないので、自由に自分らしく楽しめるのがまた大きな魅力でもあり年々ファンが増え続ける理由のひとつともいえますが、山奥の一軒家で暮らしているといった場合を覗き、家と家の距離が狭く、またマンション等の共同住宅といった住環境においては、マナーやルールを守る事が非常に大事になってきます。

まずガーデニングをする際は、雑草や育てた草木が育ちすぎて隣家との境界線を越えたり、歩道や車道にはみでないよう草刈り等の手入れをする事が常識として求められます。植物の葉や木の枝が隣家の敷地内まではみだしてしまったり、落ち葉が飛んでしまってトラブルになるケースは後を絶ちません。ささいといえばささいな事ですが、一度気になってしまうと我慢できなくなってしまうのが人間の心理というものですし、ほんの小さなトラブルが深刻なトラブルに発展してしまう事例も多数あります。なにより敷地権はその土地に住む人に与えられ保証された権利であるので侵害してはいけません。よってガーデニングをする際は近隣の住人に迷惑をかけないよう気を配る事が最も大事です。逆にいえば、草刈り等の手入れをするのが時間的や性格的に難しいと自己判断できる場合はガーデニングは避けた方が賢明です。そういった場合は、まず小さな鉢植えから挑戦していって手入れの方法を学びながら、育てる喜びと手入れの大切さを知ったうえで少しづつ庭に広げていくという方法がおすすめです。

またガーデニングにつきものなのが雑草の手入れです。草刈り機を使う場合は音が出てしまうので、できれば隣近所の方に「小一時間ほど草刈り作業をさせていただきます。お騒がせしますが失礼します」と一言断りをいれてから作業するとスマートです。普段からそういった話ができるご近所関係を築いておく事はガーデニングだけでなく、日常のいろいろな場面において大切です。人によっては夜勤明けだったり体調があまりよくなかったりして草刈り機の作業音が気になりがちだったり、場合によっては今日の今だけはやめてほしいという場合もあります。自分の家や庭だけがきれいできもちよく楽しければいいというのではなく、周りの人への配慮を常に忘れないようにしましょう。草刈り機は音が少ないものもありますし、手で草を抜く方法なら音はでません。住環境に合わせた手入れ法を選ぶようにしましょう。

また雑草の手入れには草刈りや草抜き以外に除草剤を使用する方法もありますが、化学物質過敏症の人は少し離れた場所でも風向きや薬剤の強さによって、気分が悪くなったりアレルギー症状を引き起こしてしまう場合もあります。近所の家でペットを飼っている場合はペットに健康被害が及んでしまう場合もあるので、素人判断や自己判断で選ばず購入する店舗の店員さんに相談のうえ、またご近所の方にも確認のうえ使用するのがベターです。

またガーデニングをする事で、図らずとも野良猫の通り道になってしまう事もあります。糞尿の被害に悩まされたり、ガーデニング自体に被害が及んでしまう場合もあるので、草刈り等を入念にし雑草対策を怠らない事と猫避け対策は必須です。猫避けは水を入れたペットボトルを並べ置く方法が有名ですが、効果が実証されていませんし、ペットボトルを並べ置く事で美観を損ねたり衛生的にもよくなかったりするので、フラッシュや超音波による猫避けの導入をおすすめします。

そういったごく常識的で基本的なマナーに配慮できルールさえ守れれば、ガーデニングは思いっきり自由に楽しめますし、素敵な庭を通じて多くの人に癒しのおすそ分けもできます。

雑草が生えてこないようにするためには

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る