草刈りの方法と道具選び

地域の公共エリアや住んでいる敷地内等の草刈りは定期的に行わないと、景観を損ねたり、害虫発生の温床にもなり、結果的に住宅への悪影響を及ぼしたり、近隣への悪影響を与えるといったリスクも発生する事になります。 草を刈る事は重労働でもありますし、草刈り方法や道具選択によっても大きな違いがあるものですから、それぞれの方法や特徴を知った上で対応していく事が望ましいです。

「草刈りの方法について」

大きく分けると人力で行うのか、機械を使うのかといった方法があり、自身で行わない場合には専門業者に任せるという方法があります。

人力の場合は単純に草を手で刈り取っていったり、様々な道具を活用して効率良く刈っていく方法があり、人力は労力負担が大きいけれど細部まで草刈りを行えるという特徴があり、機械を使うと労力を機械によって分散出来ますが、細部の刈り取りが道具の形状によっては甘くなる特徴があるものです。

コストがかかりますが専門業者に任せれば労力を省いて細部まで完璧に仕上げてもらえますから、それぞれの利点や弱点を知った上で草を刈る方法を選ぶと良いでしょう

「草刈りの道具とは」

草刈り道具にも様々な種類がありますが、刈払い機を使って行う事が有効であり、大きく分けると電動タイプとエンジンタイプがあり、エンジンタイプの方が出力パワーが強いという傾向にあります。

刈払い機の電動タイプは狭い範疇で使う一般家庭の庭の芝生等に有効であり、広場等でぎっしりと生えているエリアの場合はエンジンタイプのものを使う事が望ましいです。

電動やエンジンが関わらないものとして、スコップや鎌、鍬等の原始的な道具を使う事も有効ですが、これは道具の手入れを行って、慣れていないと非常に重労働になってしまうものです。

非常に高価なものでありますが、ハンマーナイフモア等も草刈りには重宝出来るものであり、草を刈りつつも粉砕出来るという働きがあり、身長程に伸びた草や細かくこびりついた雑草等でも細かくする事が出来ます。 が人間の背丈より高くなってしまった雑草やしっかりと生えてしまった草でも細かくして、ハンマーナイフモアでの草を刈りとった後は仕上がりも綺麗という特徴があるものです。

他にも草を刈りとった後の仕上げに細かい落ち葉等を吹き飛ばしてくれる便利アイテムとしては、ブロアという強烈な風を出したり、吸い込んだり出来る装置を使うのも良いでしょうし、これは出力パワーの高い送風機でも掃除機でもあり、草を刈り取った後というのは細かく散った草を熊手等を使って集めていく事になりますが、ブロアの活用を行う事で細部の草等を一気に飛ばしてしまう事が出来ますから便利です。

細部のゴミを飛ばして、さらに吸い込むという機能を使う事によって仕上げを整える事が可能であり、敷地面積の広いエリアの草を刈る場合には役に立つ道具となります。 「草刈りの時期を見て行う利点」

草を刈る時には様々な方法や道具がありますが、いずれにしてもタイミングによっては労力負担を小さくする事が出来ます。

草というものは雨の後に伸びる傾向がありますから、雨が大量に降って、その後太陽が降り注ぐ場合には成長速度が非常に早くなるものです。

雨に含まれた窒素によって植物の成長を促す事になり、草を刈りたい時には雨が降った後に行うと効率が良いですし、季節によっても違いが発生しますが、基本的には7月が一つのターニングポイントとなり、そこから先は草が生える勢いが減っていくものです。

秋に入る前に刈り取る事は時期としては有効であり、7月中は生やす所まで生やして、そこから雨が降った後に刈り取ってあげると、綺麗な状態をキープしやすくなります。

草刈り

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る