簡単に草を抜く方法

日本の風土では主に夏にかけて一番雑草が深く生い茂り、広い庭をお持ちの方や山林を管理されている方々の悩みの種となります。河原や施設など大掛かりな場所では主にエンジン式の刈払い機を使用するのであっという間に雑草の処理が完了しますが、個人では中々このような農耕器具を用意することは出来ません。そのため個人の方や小規模農業を行っている方にぜひおすすめしたい簡単に草を抜く方法について解説していきます。

草刈りで重要なのは事前の準備です。そのため簡単に草刈りを行うためにも作業前に入念な準備が大事になるのですが、問題となるのが土の硬さです。夏場など日照りが続くと土は乾燥してカチカチになってしまいます。家庭の庭の土質ではそれほど硬くなることはないかも知れませんが、駐車場や通路の土などは砂利が混じって乾燥しやすいので、固まるとまるでコンクリートのようになってしまいます。

このような状態では簡単な草抜きとは程遠いので、草刈りを行う前に事前に水を撒いておくことをお勧めします。水を撒いておくことことで土壌を柔らかくすることが出来ますし、夏場などでは地面からの放射熱を大きく下げる事が可能です。 このように事前に水を撒くということは草刈りを容易にすることと熱中症対策という二つの意味を持つのですが、さらに簡単にする方法があります。

それはホームセンターで購入できる専用のグッズを活用することです。ホームセンターの農機具のコーナーや家庭菜園のコーナーでは除草作業に使用できる多くのアイテムが販売されています。中でもギザギザとトゲのような刃のついたカマや安価な電動の草刈り機は家庭でも使用出来る非常に優秀なアイテムになります。その他にもしゃがんで作業を行わなくても良いような柄の長いカマなどご自身の体調や自宅の環境などに応じて様々なアイテムを選ぶ事が可能です。草刈りを簡単にするにはこうした細かなアイテム選びが非常に重要になるので、ホームセンターの店員さんに相談しながら最適なものをお選び下さい。

またこうした草刈りを行い易い環境作りとアイテム選びの他にも草刈りを簡単に行う方法があります。それはそもそも草をカマで刈ったり手で引き抜くという発想を転換し、シャベルで根こそぎ掘り返すという方法です。土が硬い場合にはもちろんこうした力技は行えませんが、事前に何日か前から水で土を柔らかくしておけば驚くほど簡単に土を掘り返す事が可能です。

また一つのテクニックとして水では無く熱湯を硬い土にかけると一瞬で土壌が柔らかくなるので作業がより簡単になります。当然大量の熱湯を用意することは困難なので全ての方にお勧め出来る訳ではありませんが、どうしても対処できないほど硬い地盤の際にはぜひ参考にしてください。

こうしたシャベルで掘り返すという方法には二つのメリットがあります。一つは手で引き抜く必要がないため、害虫などを気にする必要がないという点です。これは都会ぐらしの多くの方が嫌がる事なので、シャベルを使った草刈りの大きなメリットであると言えます。そしてさらなるメリットとして根っこまで掘り返せるという点があります。雑草がすぐに生えてくる理由は土の中にまだ根っこが多く残っている事が理由です。そのためシャベルで文字通り根こそぎ掘り返す事で、雑草が生えてくるサイクルを大幅に引き伸ばす事が可能です。

このように効率よく雑草を引き抜く方法は様々なものがあります。しかし、家庭菜園やガーデニングレベルの手間で行える広さならばいいのですが、農耕地や駐車場など規模の大きな場所になると、思い切って業者に任せた方が時間的にもコスト的にも得であるということもままあります。熱中症などの心配もありますので、ぜひケースバイケースで使い分けて効率よく作業を行って下さい。

雑草が生えてこないようにするためには

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る