もう二度と草取りしなくてよい方法

庭の雑草の草刈りや手入れは一度で終わりという訳では無く、夏場などのシーズンではたった少しの時間が開くだけで驚くほどまた強力に生い茂るので、対策に四苦八苦されている方も多いでしょう。

雑草対策としては草刈りを根気よく定期的に行う事や、草刈りの業者に依頼する方法などいくつかの方法がありますが、どれも金銭的・時間的な負担が大きく根本的な解決にはなりません。広い庭をお持ちの方などは特にそう感じるでしょうが、この草刈りという作業は家の手入れでも憂鬱な作業の一つです。そこでこの機会に二度と草取りをしなくとも良い方法について考えていきましょう。庭の雑草を根こそぎ取り除き、草取りの手間を全く無くす方法としてはいくつかの方法が考えられます。

まず始めにご紹介したいのは除草剤の使用です。除草剤と言うと農薬や枯葉剤などのネガティブなイメージを持たれる方が多いでしょう。特に枯葉剤はベトナム戦争などの負のイメージが強いため拒否感を持たれる方もいらっしゃるでしょうが、現在市販されているものとこうした枯葉剤は根本的に異なるものです。除草剤イコール毒というように連想するかも知れませんが、現在市販されている除草剤はその多くが植物の成長を妨げる事で雑草対策を行います。もちろん原液を直接飲んだり肌に付けるなどをすれば炎症や副作用などが想定されますが、庭先に薄めて散布する程度では人体に影響は無いので安心して使用することが出来ます。

しかし、ペットをお飼いの方や小さなお子様がいらっしゃる家庭では、誤飲などの危険性が無いわけでは無いので不安な方は除草剤は避けたほうが無難でしょう。しかし、除草剤が最も効率的に雑草対策を行えるというには変わりありません。種類にもよりますがかなり長期間効果が持続するので、草刈りにかける手間の多くを削減することが可能です。この除草剤でも長期間草刈りの手間から開放されるのですが、半永久的に持続する訳ではありません。より長く効果を持続させたいのならば強力な除草シートの使用をお勧めします。

除草シートとは地面に覆いかぶせるように分厚いシートを敷き詰める事で雑草対策を行おうというものです。その効果は絶大で日光の当たらない雑草は成長も抑制され、また除草シートにより地面の上にも成長出来ないので、除草シートの寿命が続く限り半永久的に効果を持続させることが出来ます。しかし、貫通力の強い雑草では除草シートを突き破る事もあるので、自宅の環境や使用を想定する年月によっては海外製のより強力で厚手の除草シートを使用することをお勧めします。また普段人が立ち入らないような場所ならば歩行による劣化はあまり考える必要はありませんが、通り道になっているような場合には人が上を歩行することを想定した対策が必要になります。そのためには通路用の除草シートを購入するなどホームセンターの店員さんと相談を行いながら商品を選んで下さい。

その他にも二度と草取りを行わない方法はいくつか存在しますが、景観を損ねずに行う方法としてはレンガや石畳の利用が考えられます。除草シートはあくまでもシートなので、景観という面を考慮したアイテムではありません。そのためガーデニングや人通りの多い庭ではあまり使いたくない方も多いでしょう。そこでお勧めしたいのがレンガを庭に敷き詰めるという方法です。この方法は施工に時間がかかり、コストも比較的高いですが景観を損ねずむしろオシャレな庭作りを行いつつ雑草対策を行う事が出来ます。隙間なく敷き詰めればその効果は絶大で、除草シートよりもはるかに強い力で雑草の繁殖を抑制することが可能です。洋風素材や和風素材など多くのタイル・石畳が販売されているのでぜひご自身の庭作りのテーマに合わせてお選び下さい。このように草取りの手間を省く方法は様々なプランが想定されます。日頃草取りで悩まれている方はぜひ参考にしてみて下さい。

雑草が生えてこないようにするためには

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る