お花を雑草から守る方法

ガーデニングや家庭菜園はいつの時代も一定の愛好者が存在し、庭先やベランダで楽しまれている方が大勢いらっしゃいます。特に花などの園芸は育てやすく、失敗も少ないので好きなテーマの庭作りを楽しまれている方も多いでしょう。

こうした庭作りは非常に楽しいものですが、手間や苦労があるのも事実です。こうした庭作りにおいて一番の苦労は雑草の草刈りではないでしょうか。雑草は土と光のある環境ならば、種など蒔かなくとも勝手に生えてくるものなので、ガーデニングや花などお構いなしに生い茂ります。ガーデニングでは肥料や花の栄養などを使用されている方も多いでしょうが、こうした雑草が花の栄養を奪い取ってしまえば、大事な花が飢えて枯れてしまいます。

そのためこまめな雑草の草刈りは必須となるのですが、定期的な草刈りが面倒なのも事実です。そこで、ここではお花を雑草から守る方法について解説していきます。

雑草対策を行う場合、全て根こそぎ取り除くならば除草剤や塩が効果的ですが、当然大事なお花も枯れてしまうのでこの方法は使用出来ません。そのため雑草のみにアプローチして対策を行う必要があるのですが、まず考えられる方法で効果的なものは草刈りをこまめに行うということです。先ほど定期的な草刈りは面倒だと申しましたが、草刈りの方法によってはこの回数を大幅に減らす事が可能です。

まず重要なのが雑草の根っこをしっかりと除去するということです。草刈りでは雑草の表面だけを引っこ抜いても地面に根っこが残っていると数日もしない内に新たな雑草が生えていきます。環境の良くない土壌でも生えてくる雑草ですが、ガーデニング用に整地された養分豊富な土壌では尚更ものすごい速さで新たな雑草が生えてきます。そのためしっかりと根本から雑草を引き抜く必要があるのですが、お勧めの方法は雨の日の翌日や水やりの直後です。こうした環境の直後では当然土は柔らかくなっているので、雑草の根本を指で摘んで引き抜けば簡単に根本から除去することが可能です。放置しておくと膨大な作業になりますが、目につく度にすぐ行っていればそれほど負担となることも無いでしょう。こうした地道な方法でお花にとって邪魔な存在となる雑草を取り除く事が可能で、より美しい花を咲かせてくれるようになるはずです。

しかし、小規模なガーデニングならばこうした細かな作業も可能ですが、ある程度庭の規模が大きくなると難しいというのも事実です。そうした方々にお勧めしたい方法はグランドカバープランツを使用するというものです。

この方法は逆転の発想で、雑草を生やさないように違う植物で地面を覆い隠してしまおうというものです。雑草の成長には十分な日光と土壌が必要ですが、そうした成長に関わる必要な要素を他の植物で奪ってしまうことで、雑草対策を行おうという手法です。

こうした事が可能になる植物の総称としてグランドカバープランツと呼ばれるものがあります。芝生などがその代表例ですが、その他にもイカリソウやリュウノヒゲなどホームセンターで簡単に手に入るモノばかりです。こうした植物をプランターや畑を覆うように他のお花と一緒に植えることで、雑草の生える余地を無くすことが可能です。またこうしたグランドカバープランツは背が低い植物なので、大事な花の光合成を妨げる事も無く、しっかりと共生することが可能です。さらに芝生やリュウノヒゲは見た目も青々と美しいので、庭の景観を良くするというガーデニングのそもそもの目的にも反すること無く、立派で美しい庭作りを行う事が出来ます。

こうしたグランドカバープランツを利用することで雑草対策を行う事が可能ですが、当然それ以外の箇所には雑草は生えてくるので定期的な草刈りは必要です。しかし、花の周辺やその他の場所の手間が省けるだけで普段の草刈りの労力は大幅に削減されるでしょう。

雑草が生えてこないようにするためには

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る