時期や天候を考慮して草取りを簡単に行う

草刈りは決して楽な作業ではありません。しかし時期や天候を考慮して行うなら、比較的楽に行うことができます。たいていの雑草は秋頃まで成長し続け、その後種を残して枯れます。そして地面に落ちた種は翌年の春頃から芽吹きます。そのため雑草を除去する作業は春先から初夏に行うことが多くなるわけですが、草刈りを行うにはある程度雑草が成長していなければなりません。そのため雑草が草刈りしやすい高さにまで成長するのを待つ必要があります。しかし雑草は気温が高くなったり、雨が多くなったりすると急激に成長することがあります。そのため作業を行うタイミングが少し遅くなれば雑草が大きく成長してしまい、大変なことになってしまいます。それで少し早めのタイミングで作業を行うことがふさわしいとされています。

一般的に草刈りは鎌を使用して行います。しかし鎌の柄は短かいためにかがんで草刈りを行わなければなりません。このような姿勢は腰に大きな負担をかけます。しかし最近では草刈り専用の鎌で、かがまずに作業できる柄の長いものが販売されています。このようなものを用いれば作業をより簡単に行うことができます。また雑草は生え始めが軟らかく、成長するにしたがって硬くなります。そのためできるだけ早い時期に行うなら力を入れずに草刈りができるわけですが、先にも述べたように雑草にある程度の高さがなければ難しいこともあります。しかし先に述べた柄の長い鎌の中には背の低い雑草に対して使用できるものがあります。そのためこのようなアイテムを購入すれば腰に負担のかかる姿勢を取ることなく、尚且つ力を入れずに雑草を処理できます。

しかし多くの人は雑草が再び生えてこないよう、根元から抜き取る作業に励みます。このような抜き取り作業もタイミング次第で楽に行うことができます。ベストなタイミングは雨が降った後です。なぜなら雨が降った後の土は水を吸っており、軟らかくなっています。そのためそれほど力を入れなくても雑草が簡単に抜けるからです。また雑草が大きく成長してしまうとその分根も土の深いところにまで達してしまいます。そのため草刈りのときとは異なり雑草が大きく成長してからではなく、なるべく早めに草抜きを行うべきです。小さな雑草は根も小さく、簡単に抜くことができます。もし可能なら毎日少しずつ小さな雑草を抜くようにしていれば、庭をきれいな状態に保つことができます。しかし草抜きをしたいと思ったときに雨がタイミングよく降ってくれることは滅多にありません。そのような場合は庭に水を撒き、土を軟らかくしてから草抜きを行うことができます。根が深い雑草に関しては土を十分に湿らすことで抜きやすくなります。

また太陽の光がよく当たる場所に生えている雑草はよく育ちます。そのような雑草は短時間で根を地面の奥深くにまで下ろすことができ、大きく育つと非常に厄介です。逆に日陰に生えている雑草はそうでもありません。そのため太陽の光に当たっている雑草をまずは集中的に抜くようにします。また草刈り、そして草抜きは太陽の光を浴びながら行うことが多い作業であるといえます。日光に当たることで人間の体は活性酸素を生成します。この活性酸素は体に疲れを生じさせます。そのため日光をなるべく避けることで体の疲れを軽減することができます。定期的に休憩を取って日陰で休んだり、帽子をかぶったり、長袖、長ズボンを着用して日光から体を守ったりすることも楽に作業を行うポイントです。またもし可能であるなら、日差しが強くない夕方や照明を用いて夜間に作業を行うなら体は非常に楽です。このように雑草を処理する作業はそれをふさわしいタイミングで行うことで非常に楽になります。

雑草が生えてこないようにするためには

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る