お勧めできる畑の草取り道具

畑の草刈りは容易ではありません。ときには育てている野菜の間に雑草が生えてしまい、野菜を傷つけずに雑草を刈ることが困難なことがあります。そのようなケースで役に立つのが柄の先に縦8cm、横4cmの刃がついた草刈り用品です。このアイテムの特徴はなんといってもユニークな形をしている刃です。長方形の刃の先にV字のカットが入っており、V字に沿った部分も切れ味の鋭い刃になっています。育てている野菜と野菜の間に生えている雑草を刈る場合、このV字になっている部分に雑草を入れ、そのまま前に押し出せば雑草を刈ることができます。また長方形の両サイドの刃を雑草の茂みに入れ、それを左右に動かすことで雑草群を処理することができます。この草刈り道具は「楽だ草とり1200」という名前で販売されています。柄の長さが52cmとそれほど長くはないものの、大切な野菜を傷つけずに草刈りを行うにはもってこいのアイテムです。

多くの人はしゃがんだ姿勢で畑の草刈りを行うことを極力避けます。なぜならこのような姿勢は腰に負担がかかるからです。そのような人は柄の長い草刈り道具を使用することができます。このタイプのものは畑の草刈り道具の主流となりつつあり、多くの人が使用しています。どのメーカが販売しているものも大きな違いはありません。しかし刃先に工夫を加えて作業をしやすくしたものが多々販売されています。たとえば刃先をギザギザ型にしたものです。この刃先に雑草を引っ掛け、そのまま前に押し出せば雑草を刈ることができます。しかし雑草が刃によって刈られる前に持ち上げることで雑草を引き抜くこともできます。この道具を使用することで雑草の種類や生え方に合わせて刈る、抜くの作業を選択することができるのです。またこれと似たようなものとしては備中鍬のような形をしており、刃先が鋭くなっている草刈り道具があります。このタイプのものは雑草を抜くことではなく、雑草を刈ることを目的としているために、刃を入れた雑草の根元は土中に残ります。

また頑固な雑草を刈るための道具も数多くあります。たとえば長い柄の先にはさみが付いているものです。一つの刃で雑草を刈るのではなく、二枚の刃で雑草を挟み切るこの道具は畑に生える頑固な雑草に悩まされている人にお勧めです。またはさみはピンポイントで雑草をカットできるために、野菜を傷つけることなく雑草を処理できます。このタイプの道具は持ち手が二つあるものと、片手で操作できるよう一つのものとがあります。確かに一つのものは使いやすく、非常に便利です。しかし二つあるものは力を入れることができ、頑丈な雑草を簡単に断ち切ることができます。それで畑の形や雑草の生え方などを考慮しつつ、どちらのタイプのものを購入するかを選ぶことができます。

また中にはしゃがんだ姿勢で畑の草刈りを行うことを好む人もいます。このような場合、柄の長いタイプの道具を購入する必要はありません。一般的に柄の短かいタイプのものは価格がリーズナブルであり、購入しやすいものとなっています。この手のタイプのものもやはり野菜に傷をつけずに雑草を処理できるよう、刃の周りにプロテクターが付いていたり、持ち手が湾曲していて持ちやすいように工夫がしてあるものが多く見られます。

このように畑の大きさや育てている野菜の種類、そして雑草の生え方などを考慮して自分に合ったものを購入することがポイントです。最近の畑の草刈り道具は非常に進歩しており、容易に畑をきれいにすることができるようになっています。また価格もリーズナブルになってきており、多くの人が気軽に購入できるものとなっています。購入を考えておられる人は、インターネットなどで検索してみることができます。

草刈り

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る