除草剤のメリット

除草剤のメリットは、なんと言っても使いやすさです。手作業の草刈りは長時間の不慣れな姿勢のため、腰を痛めたりする恐れがあります。すでに腰痛持ちの方はさらに病状を悪化させます。

手作業で草刈りをしていたら時間もかかりますし、夏の間は雑草との戦い毎日になってしまいます。

雑草を引っ張る作業は、手と膝と足に負担をかけます。雑草の種類によっては土を深く掘って根っこごと除去する必要があります。根っこが長いとやっかいです。除草剤を使えば、そんな手間を省くことができます。

除草剤にはいくつか種類がありますので説明します。

液体タイプは、即効性で雑草を枯れさせます。葉の方から枯らせ雑草を除去します。使用する場所を選らびません。

原液タイプは、原液から自分で濃度を調整して希釈できるので経済的です。

希釈済みタイプは、自分で薄める手間がかからないです。使いきりサイズのものが売っています。そのまま使えることです。

粒状タイプは、1ヶ月から半年と長期間効果があります。これは基本的には、雑草が生えてくる前に土に散き、雑草を生えないようにします。雑草が生えている場合には、草刈りをして雑草を短く刈った後に撒きます。

除草剤には芝生は枯らさずに、雑草だけ枯らす便利なものもあります。

手で長時間不自然な姿勢でかがんで雑草を取る時間と労力に比べたら、散布するだけで雑草を除去できるので楽です。

ただし、1回撒けばもう雑草は生えてこないわけではないので、定期的に撒かなければいけません。

夏場の昼間は炎天下となり、除草剤をまいても蒸発してしまうため効果がありません。

朝か夕方に除草剤をまくのが効果的です。

液剤タイプの除草剤は、葉に付着して枯らすので、雨の日に散布すると雨で流されて効果がでません。

粒剤の方は、徐々に土壌に溶けて根から雑草を枯れさせるので、湿っていた方が効果が期待できます。ただし大雨などでは流れてしまう危険性があります。

除草剤を撒く日は、雨は避け、天気予報でお天気続きの日を確認してまいたほうが良いでしょう。

除草剤をまくときには、効果を発揮できるお天気と時刻の時に撒くことがポイントです。

犬や猫を飼っている、小さなお子さんがいるなどの理由で除草剤を使いたくなりという方は、草刈りを行った後、防草シートや雑草を生えにくくする土の使用を考えてみてください。ホームセンターやオンラインで買えます。

草刈り専門の業者さんに頼むのが速く確実な草刈りの方法です。草刈りの機械ですが、使用中の怪我が心配ですので、ゴーグルや手袋や安全靴など装備する必要があります。

作業着を買う金額もかかりますし、万一怪我をして足や手を草刈り機の刃で切ったら大変です。ホームセンターで売られている安い草刈り機は業務用の比べて寿命が短いです。

草刈り機はエンジン式と電動の2種類があります。草刈り機を使うと石などが飛びます。自分の方にも反対側にも石が飛びます。

業者さんに頼めば、小石が飛んで車を傷つけないよう、注意して草刈りをしてくれます。草刈り機はあまり使わず、手作業が駐車場での草刈りに最適です。

草刈り機は使いこなすまで時間がかかります。メンテナンスも必要です。

除草剤も業者さんに頼めば、手際よく散布しくれます。花壇の花や木に散布しないよう気を付けて作業してくれるので安心です。広範囲の除草剤の散布は自分でするより業者さんに依頼したほうが、経済的にも労力的にも割安です。中には取扱いが難しい除草剤もありますので、プロに頼むのが結果的にいいかもしれません。特に夏場の草刈りと除草剤の散布は熱中症の恐れがあり危険です。夏場の草刈りほど大変な作業はありませんので、プロに任せるのが正解です。

草刈り

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る