草刈りは業者に任せた方がいい5つの理由

庭や里山の草刈りは、良い状態を保つためには必須の作業です。道具をそろえて雑草を処理していくこと自体は誰にでもできますが、総合的に判断すると自分で草刈りをするよりも業者に任せた方がメリットは大きくなります。

業者に依頼すると費用が掛かってしまいますが、それでも業者に頼んだ方がいいのはどういう理由なのでしょうか?今回は、草刈りは業者に任せた方がいい5つの理由を紹介します。

面倒な作業をしなくて良い

草刈りというのは意外と重労働です。雑草ののびる季節は気温も高く日差しの強い屋外で長時間作業しなければいけませんし、作業する面積が広ければ広いほど仕事は増えて雑草処理に時間がかかってしまいます。特に雑草ののびが速い初夏から夏にかけては刈っても刈っても新たに雑草がのびてきてしまい、手間ばかりかかってちっとも雑草処理が進まないということも珍しくありません。

草刈りを業者に依頼すれば面倒な作業はすべて業者任せで済みます。炎天下の中長時間作業する必要はありませんから、貴重な休みを割いて大きな負担を負う必要はなくなります。ゆっくりと休んでいる間に業者が厄介な雑草を処理してくれますから、面倒な作業で時間と体力を消費せずに済みます。

健康を守れる

草刈りはかなり重労働なうえに危険も常に付きまとう作業です。

鎌や鉈を使っての草刈り作業はちょっとした気の緩みでケガをしてしまう可能性が高いですし、エンジン式の刈払機はわずかなミスが大事故を引き起こします。最初のうちは緊張感を持って安全に留意しながら作業をしていたとしても、長時間作業が続けば疲労が蓄積し集中力は落ちてしまいます。もし事故が起きれば大きなケガを負ってしまいますから軽く考えてはいけません。

業者に依頼すれば危険な作業からは解放されます。刃物や機械を扱う必要はなくなりますし、危険な薬品や除草剤などで健康被害が起きる心配もいりません。業者は雑草処理のプロですから、素人には危険な作業でも楽々こなしてしまいます。

安全は何物にも代えることができません。安全を考えれば費用を負担してでも業者に作業を頼んだほうが良いのは明白です。

作業の質が高い

草を刈るくらい誰でもできる、と思ったら大間違いです。雑草の処理というのは意外に面倒な作業で、技術の高さがそのまま作業結果として表れてしまいます。

素人が草を刈ると長さがまちまちだったり刈り残しがあったりして完璧な仕上がりとは程遠い結果になってしまうものですが、業者が作業をすればきっちりと文句のつけようがない仕上がりで作業をしてくれます。中途半端な処理だとすぐにまた雑草が伸びてしまい何度も草刈りをする羽目になってしまいますが、プロの仕事なら質の高い作業で雑草の生育を抑え一度の作業で効果が長持ちします。

様々な注文にも対応

業者に頼めば単に雑草を処理するだけでなく細かい注文や要望にもこたえてくれます。

庭木を剪定してほしい、雑草を処理した後に防草シートを敷設してほしい、砂利をまいて庭を仕上げてほしいなど雑草以外にもいろいろな注文に対応してくれます。

一人では難しい作業も業者に頼めばきちんとこなしてくれます。当然費用は掛かりますが、払うだけの価値がある仕事をしてもらえますからメリットは大きいです。

後始末が不要

雑草処理で意外と面倒なのが、作業が終わった後の後始末です。

刈った草をゴミ袋に詰めるのは当然ですが、そのままではゴミ袋に入らない大きな枝などを細かくする必要があり以外と手間がかかります。草刈りに使った道具もそのままに出しっ放しにしておくわけにはいかず、汚れをふき取ってきちんとメンテナンスをしてから保管する必要があります。単純な作業ではありますが後始末似ては抜けません。

業者に依頼すれば草を刈る作業はもちろんのこと、面倒な後始末まで請け負ってくれます。道具のメンテナンスは業者がやりますから不要ですし、刈った雑草もきちんと処理をしたうえでゴミ袋に詰めてくれます。こまごまとした作業に追われることはありません。

草刈り

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る