体に負担をかけずにすむ草取り用の椅子

草刈りを行うときに多くの人はしゃがみ姿勢と呼ばれる姿勢をとります。この姿勢は腰の周りの筋肉と骨に大きな負担をかけます。そのためこのような姿勢での草刈りが腰痛を引き起こすことがあるのです。このしゃがみ姿勢は両足を曲げてふくらはぎと太ももの裏をくっつけ、お尻を地面に着くすれすれのところで止める姿勢であるために股関節を前に、骨盤を後ろに押し出す力が働きます。この力が腰周りの筋肉と骨に大きく影響し、最終的には腰痛を引き起こすわけですが、これを生じさせないように開発されたのが草取り用の椅子です。椅子の高さは草刈りがしやすいように地面から遠くない位置に設置してあります。もちろんたいていの草取り用の椅子は高さが調節可能であるために、身長に合わせて使いやすい高さに調節することができます。またたいていの椅子は360度回転するように作られており、このような工夫は草刈りを楽に、そしてスムーズに行えるよう助けてくれます。また椅子の下にはタイヤが取り付けられており、草が生えている場所への移動を楽に行うことができます。この草取り用の椅子には様々なタイプのものがあります。一般的なものは先に挙げた特徴を有していますが、この他にも寄りかかれるように背もたれの付いたものや、椅子の下に道具を入れるためのボックスの付いたものなどがあります。そのため使いやすさや用途に合わせてどのような椅子をチョイスするかを決定することができます。

様々なタイプがあることに供い、価格も様々です。たいていの場合、椅子、そしてその下にタイヤの付いた非常にシンプルなものは1000円台で購入することができます。しかし中には安価で商品を提供するために安い素材を用いている草取り用の椅子も存在します。そのようなものは強度が弱いことがあります。しかし強度に関しては表示が必ずあるために、それをチェックしてから購入することができます。多くの草取り用の椅子は体重制限を表示することで強度を示しています。一般的なものは体重が100キロの人まで使用可能となっていますが、強度が弱いものに関してはそれ以下です。そのため草取り用の椅子を購入するときは自分の体重と椅子の強度を考慮する必要があります。逆にいえば体重が軽い人は強度を気にする必要はなく、低価格のものを購入しても問題はありません。また椅子そのものの重さも商品によって異なります。基本的にタイヤが付いているためにそれを常に持ち上げて運ぶということはありません。しかし椅子を家の中から庭に運ぶときや、草刈りが必要な場所が何箇所もある場合は椅子を持ち運ばなければなりません。そのため腰痛を抱えており、重たいものをできるだけ持ちたくないという人は草取り用の椅子自体の重さも考慮する必要があります。一般的にプラスチックでできたものはそれほど重くはありません。しかし金属が使用されているものはプラスチック製のものよりも若干重くなることがあります。それでこうした点も考慮する必要があります。

草刈りの際、どのような姿勢を取るかは体にかかる負担と大きな関わりがあります。そのため楽な姿勢で草刈りを行うための椅子は非常に重宝します。先にも述べたようにこの草取り用の椅子に関しては価格が高いものを購入すればよいというわけではありません。自分に合ったものを購入することが重要であり、いかに自分の体と椅子がマッチするかが体に負担をかけずに草刈りを行うポイントとなります。このような草取り用の椅子はインターネットでも販売されており、検索することでたくさんの種類の椅子を見ることができます。それで自分に合ったものを時間をかけて見つけ、上手に草刈りを行うことが大切です。

草刈り

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る