雑草対策できれいな庭造りを

草刈りを何度行ってもしつこく生えてくる雑草に悩まされている人は少なくないはずです。除草剤を撒きたいものの体に及ぼす影響を考えると躊躇してしまい、どのように雑草対策をしてよいかで迷ってしまうことがあります。そのような人にお勧めの雑草対策法があります。お金をたいしてかけずにできる、エコな雑草対策法のいくつかをここでご紹介します。

まず最初にお勧めするのは塩水を用いた雑草対策です。塩水を雑草が生えているところに撒くだけという、非常に簡単な方法です。この方法は雑草を枯らすには非常に効果的です。塩水の濃度は一般的には3.5%程度、もし効果を高めたいのであれば5%程度がよいとされています。しかし気をつけなければならないことがあります。それは植物を枯らす効果が強い分、大切な植物の周りに間違って撒いてしまうとそれらも枯らしてしまうことになるということです。また土壌に染み込んだ塩はなかなか分解されません。そのためそこに植物を植えても成長しないのです。また濃度の高い塩水を使用すると雨が降ったときにそこから塩分が流れ出し、他の植物に影響を与えることがあります。そのためこの方法は植物を植える予定のない場所、もしくは大切な植物が植わっている場所から離れた場所で行うのがお勧めです。

またとにかく草刈りをするのが面倒であるという人にお勧めできるのが、雑草にお湯をかけるという方法です。この方法では塩水のときのように雑草の根に影響を及ぼし、成長をストップさせるような効果はありません。地面から顔を出している雑草を枯らす程度の威力に留まります。しかし草刈りが面倒であるものの、土そのものを完全に死滅させたくないという人にとって、この方法は非常に助けになります。またこの方法は雑草そのものに対して有効であるものの、雑草に付いている種などは生き残ることもあります。そのため定期的にお湯を撒くことが必要となります。また雑草を枯らすためにわざわざお湯を沸かさなくても、野菜などを茹でた茹で汁を使用すれば経済的に雑草除去を行うことができます。しかしこの場合も注意する点があります。塩水のときのように土壌が完全に不毛となることはありませんが、熱湯によってバクテリアなども死んでしまうことがあります。そのためそこに植えた植物は育つものの、成長が思わしくないことも生じえます。

次にお勧めする雑草除去法は防草シートです。除草シートとは庭に敷くシートで、雑草に日光が当たらないようにすることで雑草の最長を妨げるというものです。そのためまずは草刈りを行い、きれいになった庭に除草シートを敷くことで雑草の生えない庭とすることができるのです。除草シートには様々な種類のものがあります。最近では天然素材でできたものなども販売されており、そのようなものはそのまま放置していても自然に土に還るために処置が非常に楽です。しかし合繊の除草シートは寿命が来ると廃棄しなければならないために、草刈りとシートの敷きなおしを行う必要があります。一般的に合繊の除草シートの寿命は5年とされており、5年おきには確実に草刈りの必要が生じてきます。しかし天然素材のものも土に還った後は当然のことながら草刈り作業が必要となります。それでも数年おきに一度のペースですから、それほど苦にはなりません。

このように草刈りから逃れるための様々な雑草対策が存在します。もちろん自分が庭に求めるものや周りの状況を考慮してどの方法をチョイスするかを決める必要があります。しかしお金をたいしてかけずにできるこれらの雑草対策は、エンドレスとも思える草刈りに悩まされてきた多くの人にとって朗報であるといえます。

草刈り

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る