体への負荷は最小限に!草取りで腰痛にならない方法

草刈りや草取りは中腰での作業を強いられますから、終わった後に腰が痛くなってしまうものです。ちょっとした腰の疲労程度ならすぐに回復しますが、根を詰め過ぎると腰痛を引き起こしてしまいます。ちょっとしたポイントに注意するだけで草刈りや草取りが原因での腰痛を防ぐことができます。正しいやり方を身に着けて、未然に腰痛を防止することが大切です。

同じ姿勢で作業しない

腰痛の原因はいろいろありますが、長時間同じ姿勢で作業を続けると腰にかかる負荷がどんどん大きくなってしまい痛みを引き起こす原因になってしまいます。草を刈るときの中腰姿勢は腰に特に大きな負担をかけますから、長時間同じ姿勢で作業することは避けましょう。休憩をはさみながら背中を伸ばしたり軽いストレッチをして固まった腰回りをほぐしてやると、腰への負担の蓄積を回避し腰痛を防止することができます。

左右のバランスをとる

草刈り作業はどうしても利き手にばかり負担がかかってしまいます。右利きの人は右半身の疲労の方が大きくなってしまいますが、体の左右のバランスが崩れれば腰にゆがみが生じてしまい腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。

草を刈る時は両手をバランスよく使い、負担を片側だけにかけるような動きはやめましょう。一つ一つは小さな負荷であっても積もり積もれば腰痛を引き起こすレベルの負荷になってしまいますから、常にバランスを意識しながら作業するのが腰痛防止の秘訣です。

ひねりは歪みの原因

左右の草を刈るために体をヒョイとひねる。そんな動きは珍しいものではありませんが、一見大したことないように見える草刈り中のこの動作が腰に大きな負担をかける原因になります。

体をひねって作業すれば背骨は左右にゆがみ、腰の一部分にだけ大きな負担をかけてしまいます。ひねりすぎると側弯症解いて骨自体が大きくゆがむ原因になりますから、常に雑草とは正対し作業は常に体の正面で行う習慣を身につけましょう。

ひざはしっかりと曲げる

ひざを伸ばしたまま上体を倒して草刈りをする。除草作業ではよく見かける姿勢ですが、ひざを伸ばしたまま上体を倒す姿勢は上半身の重みをすべて腰で支えることになってしまうため、最も腰に大きな負担をかけてしまいます。

足元で作業をするのなら、上体を倒すのではなくひざをしっかりとまげてしゃがみこんで作業しましょう。しゃがむことで上半身の重みが腰に一気にかかってしまうことを防ぎ、腰痛になりにくくなります。

こまめな休憩で疲労回復

どんな作業でも長時間連続すれば疲労はたまり、腰にかかる負荷も大きくなってしまいます。草刈り作業を一気に終わらせようという意識は捨て、こまめに休憩をとることを心がけましょう。休憩することで腰の負担が小さなうちに回復させることができますから、腰痛を引き起こすほど大きく負荷が蓄積してしまうのを防げます。休憩でリフレッシュすれば作業効率もアップしますから、こまめな休憩で疲労が小さなうちに回復させることを心がけましょう。

草刈り椅子で負担軽減

すでに腰痛の兆候がある方にお勧めなのが草刈り椅子です。草刈り椅子とは草を刈る作業専用に作られた椅子であり、椅子に腰かけたまま草を刈ることができる優れものです。車輪付きなので座ったままで移動しながらどんどん草を刈っていけますし、足腰にかかる負担を大きく軽減することができます。腰痛持ちの方にとっては面倒で過酷な作業がとても楽になる便利なアイテムです。 無理をしない

どんなに腰痛対策を万全にしても、無理をすれば腰を痛めてしまうのは当たり前です。 腰に違和感や痛みを感じてからでは遅すぎです。まだ大丈夫と思えるうちにこまめに休憩を取り、決して無理をしないことが一番の腰痛対策です。 どんなに腰痛対策を万全にしても、無理をすれば腰を痛めてしまうのは当たり前です。

腰に違和感や痛みを感じてからでは遅すぎです。まだ大丈夫と思えるうちにこまめに休憩を取り、決して無理をしないことが一番の腰痛対策です。

除草作業終了後は腰をマッサージしたり、熱いお風呂に入って疲労を回復させましょう。次の日になってから痛みが襲ってくることもありますから、作業後のケアは非常に重要です。

草刈り

草刈り機

草刈り業者

雑草対策

 

防草シート

除草剤

草取りと健康

ガーデニングと草むしり

畑と雑草

土地管理と雑草対策

雑草処理の裏ワザ

ページのトップへ戻る